加齢臭が出る場所はどこ?耳の裏もやばい?

加齢臭って体中から出る?出る場所は決まっている?

年配の人の場合、自然に気になる臭いが体から発生することがありますが、臭いの発生源が特定できないと対処がしにくくなってしまいます。

一般的に加齢臭と呼ばれている症状であり、出る場所として有名なのが耳の裏側です。

皮脂腺が多い部分ですが、洗いにくいという特徴があるため雑菌が残りやすいのが原因の一つかもしれません。

耳の裏側を手でこすり、臭いを嗅いで確認してみましょう。

枕に臭いが付着していることも少なくないですので、同時に確認すると判断しやすいといえます。

耳の裏側に近い、首の後ろ側もチェックを怠らないでください。

頭の部分は髪の毛が密集しており、汗を掻きやすいため、ここからも加齢臭がよく発生します。

これらの共通点は、自分自身では臭いが確認しにくいことです。

鼻に近づけることができない場所ばかりで、不快な臭いを発していることに気づくのが遅れがちです。

臭いチェック

定期的にその部分を手で振れてみて、臭いをチェックするのが良いでしょう。

他にも出る場所が存在します。

胸の部分や背中、脇や陰部が該当します。

手のひらからは加齢臭が出ないとされていますので、全身の全てが発生源というわけではありません。

耳の裏は洗い残し?

一部では耳の裏側からの悪臭は加齢臭ではなく、単純に洗い残しが原因だと指摘する声があることも覚えておくと、役に立つでしょう。

皮脂腺が多い部分が特に悪臭を放ちやすい場所ですので、これらの部分を丁寧に洗うことを心がけてください。

常に清潔にしておけば、臭いが軽減されて本人も周囲の人も快適な生活を送れるようになります。

洗うときにはゴシゴシと擦らずに、洗浄力の強すぎる石鹸やシャンプーを使わないようします。

皮膚が傷つき、炎症や乾燥を招いてしまう危険があるからです。

ボディシャンプーの使い方

たっぷりと泡を立てて優しく包み込むように洗ってください。

普段から臭いが気になるなら、デオドラント製品を使うのもおすすめです。

スプレータイプやロールオンタイプ、クリームタイプなど多くあります。

脇などの気になる部分につけて、臭いや汗の分泌を和らげる効果が期待できます。

特にクリームタイプは持続効果が高く、使いやすいといえます。

汗が少ない冬場は毎日お風呂に入らない人もいるでしょうが、汗を掻きやすい暑い季節は出来る限り毎日シャワーを浴びたり入浴しましょう。

シャワーだけよりも湯船に浸かることで、汚れが取り除かれやすくなり、臭い対策の効果がアップします。

ストレスを溜めない生活を心がけ、暴飲暴食を防ぐ、サプリメントを活用する方法も加齢臭対策に役立ってくれます。

>体臭デオドラントランキングはこちら